乳がんはリンパ球  血液を38℃に発熱

映画・TV・音楽の響きで治す時代です

乳がんはリンパ球・血液を発熱 自己免疫力で治す ゼロ磁場音響免疫療法です

背中から胸部・乳腺へと打ち抜く羊水の激しい響きを浸透吸音し、乳部を胎児のように38℃に温め、乳がんに勝つ羊水エンターテイメント療法です。乳がんの治療で西洋医学はリンパ腺を手術で取り除きます。リンパ腺を取り除くことは間違いです。リンパ液を38℃に温め、リンパからの転移を防ぎ、熱に弱いがん細胞を自己免疫力で消滅させます。がん細胞は鉄イオンを多く取り込んでいます。

 

血液の中の白血球・赤血球を温め、鉄イオンを活性化することで細胞を正常化させることが乳がんの治療には大切です。乳がんに勝つにはリンパ球・血液を38℃に発熱させ、自己免疫力で排除する世界で初めてのエンターテイメント療法です。がん細胞は発熱させると好転反応で腫れることがあります。変化が起き、改善の過程なのです。

子宮頸がんと子宮体がんは骨盤を緩め子宮を38℃に発熱させると自己免疫力で治る

背中から胸部・乳腺へと打ち抜く羊水の激しい響きを浸透吸音し、乳部を胎児のように38℃に温め、乳がんに勝つ羊水エンターテイメント療法です。乳がんの治療で西洋医学はリンパ腺を手術で取り除きます。リンパ腺を取り除くことは間違いです。リンパ液を38℃に温め、リンパからの転移を防ぎ、熱に弱いがん細胞を自己免疫力で消滅させます。がん細胞は鉄イオンを多く取り込んでいます。血液の中の白血球・赤血球を温め、鉄イオンを活性化することで細胞を正常化させることが乳がんの治療には大切です。乳がんに勝つにはリンパ球・血液を38℃に発熱させ、自己免疫力で排除する世界で初めてのエンターテイメント療法です。がん細胞は発熱させると好転反応で腫れることがあります。変化が起き、改善の過程なのです。

子宮筋腫は子宮を温めると自然に消える

子宮筋腫の女性の多くの患者さんが、音響免疫療法に訪問されます。ゼロ磁場音響免疫療法で脊髄と骨盤に激しい音楽の響きで楽しまれます。響きは骨髄の中の血液、リンパ液、骨髄液、中枢神経を温めます。骨盤を震わせる響きは、骨盤を緩め、子宮を波動エネルギーで温めます。子宮を震わせるゼロ磁場の音楽の響きは、子宮内の血液循環と、自己免疫力を高めることで、子宮筋腫を自然に消滅させていきます。

マラリアの高熱はがん細胞が消える

人間の体温は低下すると、ぶるぶると体を発熱させるメカニズムを持っています。母親は羊水の中で胎児を38℃に温め羊水を浄化、水分80%の細胞を育てます。年を重ね50歳の細胞の水分は50%に減少。シミ、シワの多い老化した体はがん患者が多くなります。細胞は毎日新しく生まれ変わります。羊水に学んだ音響免疫療法は身体を38℃に温め、水分80%の赤ちゃん細胞に生まれ変わります。赤ちゃん細胞は細胞のがん化を防ぎ、がんに勝つ体質にします。コウモリは15℃の低体温で、洞窟に足でぶらさがっています。飛び立つ時に足の裏のゼラチンを震わせ、摩擦熱で身体を43℃に発熱、飛び立ちます。42℃の体温は地球の重力に負け飛び立てないのです。身体の発熱とレーダーのメカニズムをコウモリの研究から学びました。コウモリは全身を震わせレーダーを線でなく玉で発射、映像で映します。最先端医学と最先端レーダー兵器を実践しています。

2020 NGOゼロ磁場音響免疫療法学会