がん細胞は強磁性鉄イオンを含みます

免疫細胞の鉄イオン活性酸素毒の

酸化作用で殺されるからです

がん細胞は免疫細胞の攻撃から守る為、細胞に鉄イオンを取り込みます

免疫細胞の鉄イオンの活性酸素毒の酸化作用で殺されるからです。

血液は強磁性鉄イオンを含むため、血液を舐めると鉄のにおいと味がします。

『ゼロ磁場の奇跡  音響免疫療法』の心臓への羊水の響きのマッサージは、心臓の鼓動、血管の脈動を高めます。赤血球(強磁性鉄イオン)と毛細血管との摩擦熱で血液を温め磁気を高めます。鉄イオンが大好きながん細胞は、がん細胞の持つ鉄イオンが正常細胞の鉄イオンを取り込み、鉄イオンの鎧で囲みます。がん細胞の持つ鉄イオンが正常な細胞の鉄イオンを引き寄せ奪い、がん細胞は増殖します。がん患者は貧血になり、急激に痩せ、体力と気力を失い生命力を縮めます。『ゼロ磁場の奇跡  音響免疫療法』は、ゼロ磁場の磁気エネルギーでがん細胞の持つ鉄イオンが発熱、がん患者の体温を胎児のように38℃に上昇させます。

 

響きはがん細胞の鉄イオンと磁気共鳴、ホットカイロのように温熱感受性のがん細胞の持つ鉄イオンが酸化発熱、熱に弱いがん細胞は自然に消滅します。がん細胞は免疫細胞の攻撃から守るため、細胞内に鉄分を取り込みます。がん細胞は免疫細胞による活性酸素という酸素毒と鉄イオンの酸化作用の毒素で攻撃、がん細胞は殺されます。鉄イオンががん細胞に存在すると鉄イオンが酸化され、活性酸素が中和され、免疫細胞はがん細胞を殺すことが出来ないのです。『ゼロ磁場の奇跡  音響免疫療法』でがん患者の体温が37.5℃~38℃に上昇するのは、鉄イオンを持つがん細胞がゼロ磁場の磁気に共鳴しホットカイロのように発熱するからです。

毛細血管と赤血球は同じ大きさ  血管と血液の

摩擦熱で血液を温めがんに勝つ体質にします

人間の血液(強磁性鉄イオン)は5kg、その中で1/3 は脳で使用しています。

 

血液に含まれる鉄イオンは2700mg、体内には4000mgの鉄分を含みます。血液は鉄の匂いと味がします。赤い血液こそが「鉄」を主成分とした。赤血球(ヘモグロビン)です。血液も「釘」と同じ様に錆びます。

心臓の鼓動・脈動を高める羊水の響きは赤血球と毛細血管(赤血球と毛細血管は同じ大きさ)との血流による摩擦熱で血液を温め、浄化し血管内皮細胞を活性化させ、毛細血管を若返らせ血液循環機能を高めます。毛細血管の若返りは腎臓の排尿機能を高めます。

血液の赤錆び(三価鉄)は、血液をボロボロにします。黒鉄(二価鉄)に変え、血液の磁気を高めます。血液循環機能を甦らせます。私たちの身体は心臓の鼓動・脈動による血管と血流による血液との摩擦熱で身体が発熱、血液の磁気を高める血液磁気発電システムで生命を維持します。血液による磁気フリーエネルギーシステムで生命を維持しています。

心臓、血液、細胞を若返らせ、体温を1℃上げると、医学の世界では

ノーベル賞を超えた神の領域と言われています。

心臓と60兆の細胞の死が人間の死です。お金を持っていても死んだらおしまい。音響免疫療法をおすすめします。

毛細血管と赤血球は同じ大きさです

2017 NGOゼロ磁場音響免疫療法学会 TEL03-5487-0555