がん難民とは、放射線療法、外科手術、抗がん剤治療の3大療法をやり尽してしまった人のことを言います。がん難民の数は、がん患者の約53%、に相当するという調査結果もあります。(日本医療政策機関調べ)。がん再発者、末期がんの患者さんがこれに相当することが多々あり、西洋医学では施す手段もない状態とも言えます。

現在のがん治療は、検査・・・がんを発見したら、がんだ、がんだと大騒ぎ。心の不安とストレスで病状を悪化させます。がん患者を発見したら、病院で抗がん剤、 手術、放射線と、 さんざん治療でいじられ、 末期がんとなり、医者に見放され、最後は緩和ケアに行くか、がん難民となり自宅へ帰されるかです。がん難民となり解放され、自宅へ帰されたがん患者の皆さまから、私たち患者の会は多くを学びました。 がんは細胞の病気です。がん細胞もあなたの細胞の一部です。 がんと闘うのではなく、がん細胞をいじめないで、優しく一緒に温め、幸せにする事が大切です。 

脊髄で響く映像ホームシアターを家族同様大切にしイスに名前を付けて楽しんでおられます

​​病院で見放され打つ手がないかのように思えた、がん患者の方が、 TV・音楽の羊水の響きで胎児のように38℃に温めると、初めは好転反応でがん細胞も腫れますが、自己治癒力を高めながら毎日3〜4時間聴いていくうちに、がん細胞が発熱、変化し始め縮小していきます。 細胞とがん細胞を一緒に温め、幸せにすることが大切です。がん細胞が発熱すると、熱に弱いがん細胞は温熱感受性のため、自然に死滅します。(身体を温めると腫瘍マーカーの数値が上がります、その後正常に戻っていきます)がん患者の皆様は  がんを吹き飛ばしてくれる脊髄で響く映像ホームシアターを家族同様大切にし、イスに名前を付けて楽しんでおられます。がん難民となり、末期がんを克服したがん患者の喜びの笑顔は美しい。西洋医学は末期のがん患者の痛みを取り除くためモルヒネを使用します。急所脊髄で楽しむ映像ホームシアターの激しい響きは、生体麻薬の麻薬覚醒作用で心と身体の痛みを取り除きます。がんの痛みにモルヒネはいらない。

がん難民のたどり着く聖地 映画・TV・音楽の映像と響きの科学です

再発 転移 ・・・ 治るはずのないガン細胞がなぜ消滅したのか?

​​がん細胞は、がん臭を出します。人は歳を重ね、50 歳の細胞の水分は50%と少なくなり、低体温で、しみ・たるみ・しわの老化した肌になり、がん患者が多くなります。胎児のように体温38℃、水分80%の細胞に甦らせることが、がんを防ぎます。

 

がん細胞は強い磁力を持つ鉄イオンを取り込んでいます。がん患者は貧血になります。ホットカイロは鉄を酸化発熱させます。鉄イオンを持つがん細胞も発熱します。38℃の体温に解熱剤を使う西洋医学は間違っています。抗がん剤投与は正常な細胞とがん細胞を「一緒に殺し」、免疫力を低下させ生命力を奪ってしまいます。毎日ご自宅で聴き続け、胎児のように体温を38℃に高め、水分80%の新しい細胞に甦らせることが、がんに勝つのです。抗癌剤で改善とか、治療をするという西洋医学の表現はおかしい。

2017 NGOゼロ磁場音響免疫療法学会 TEL03-5487-0555